摂理で<自分の人生>を計算する


「生活の点数」の話しが続いていますが、最近、鄭明析先生が何度も強調されていらっしゃることの1つが「計算しなさい」です。
計算して予測しなさい。
例えば 10里の道を行くとき、半分行くのに5 時間かかったとしよう。
「これからもう5時間かかるだろう」と予測して行 きなさい。
これと同じく<人生の生>も計算して予測するのだ。
(2014年7月30日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

<人生の生>を計算できないと、どうなるのでしょうか。
事業をするときも、計算を間違えて巨額を投資して、10年、20年、30 年、40年も稼いだ財産を全部すって 一文無しになって、貧民窟で暮らすこ ともあります。
<人生>も<信仰>もそうです。
「人生の生」の構想を間違え、考えを間違え、計算を間違えて生きたら、失敗し、没落するようになります。
(2013年12月8日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

なんて違い!!
大変です(゜ロ゜;
人生は「一日」でも間違って計算して生きたら、心も体も何もかも間違っ た計算に合わせて生きるから、違う世界の生を生きるようになる。
(2013年12月8日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

「1日」の拡大版が「人生」だから、<人生の生>の計算がよくできることと、毎日の「生活の点数」が高いことと、深い結び付きがあるように感じます。
今週の御言葉に通じます。
具体的な計算の仕方は、こちら。
最先端の時間は一秒だ。
秒まで 守った人を、100%時間を守ったと言 。
100m競争では秒だけで計算する。
これと同じく、信仰においても主の前で鋭利な法と真理で計算する。
(2011年10月27日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

主の前で鋭利な法と真理で計算。
人間式ではないことを、肝に銘じなければなりません。
8月も、まもなく終わります。
計算してみると、2014年は、残すところ、あと4ヶ月です。
早い・・・(>_<) 誰も見ていなくても、神様はいつも私たちのことをご覧になっていらっしゃるから、残り4ヶ月で何をすべきか計算し、9月に何をすべきか計算し、そのために毎日何をすべきか計算し、天の前で「生活の英雄」になりたいですね(^-^)/ 人がいてもいなくても、<自分の人生>を考えて、<自分>が「生活の中」でちゃんとやらなければならな い。
(2014年8月26日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆