花の中の花ー月明洞からメッセージ


花の祝祭で盛り上がっている月明洞から、素敵な詩が届きました。

  
「花の中の花」

私は花の中の花
私が咲いたのは
その方の為だ
私が存在するのも
その方の為だ
夜露にぬれ
雨風が吹く時
全身を清く洗って
私はその方の為に
香りを放つ
その方は私の為に
光を照らす
私達の愛は
ひたすら
一片丹心


(2016年花の祝祭 摂理・鄭明析牧師の詩)

人間の香りとは人間の生であり、すべては創造主神様のためだと、鄭明析先生が教えてくださいました。

人間が何のために生きるか、その根源を見い出し、見出した一人一人が、暗い世を明るく照らす光となりますように☆

光り輝く花になりましょう(*^^*)

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆