もっと月明洞へ行こう!


  

<月明洞>は神様の自然聖殿だ。
このことを正しく分かって、神様の宮に愛で接し、聖殿の中を歩きなさい。
(2016年6月2日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

摂理人生初めて、月明洞にゆっくり来た、と言っても過言でない、今回3回目の月明洞訪問の間、Lunaが何度も思ったことが、

私もっと月明洞に来なければいけない!
もっと月明洞の経緯を学ばなければいけない!

ということでした。

歩いても歩いても、経緯を知らない岩や松や場所に遭遇。
知っているとは、人に説明できるレベルであってこそ、知っている言えると思います。

私、本当に、何も知らないんだなぁと思いました。。。( ; ; )

摂理に来て5年目。
最初の4年は、全く月明洞に来れなかったとは言え、こんなに知らなくて、摂理人として、神様が恥ずかしく思わないだろうか?と悔い改めました。

摂理の中心地である月明洞のことを知らずして、摂理のことを悪く言うのも間違っているけれど、

月明洞のことを知らなくて、主を愛すると告白するのも間違っていると思いました。

自然聖殿を大切に思えば思うほど一層悟るようになり、自然聖殿に大切に接すれば接するほど神様が一層働きかける。
(2016年6月2日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

月明洞から戻って早1週間が過ぎました。
早くまた行きたいな。
行かない間は、御言葉で勉強します。

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆