摂理で考える「天性」ーあなたの「タレント(生まれ持った才能)」は何か?


新約聖書に「タレントの譬え」という有名な話しがあります。
主人が3人の僕(しもべ)に、能力に応じて、タレント(貨幣の単位)を与えたという話しです。

日本では、「タレント」というと、「芸能人」を思い浮かべるのが一般的かもしれませんが、この譬え話が起源となって、英語では、’talent’を「生まれ持った才能」とも訳します。

あなたの「タレント(生まれ持った才能)」は何ですか?

と聞かれたら、みなさんは、何と答えますか?

どんなに謙遜したとしても、

「私には何もありません。」

とは、答えてはなりません!!

何せ、「生まれ持った才能」です。
天性の才能」を、誰もが持っているはずですよね。

しかし、こういう質問に答えるのが、日本人は、世界の中では比較的、不得意な印象を受けます。
幼少期の頃から、「タレント」について考える習慣を身に着けてこそ、その「個性や才能」が社会で活かされるものだと思いますが、日本では、なかなか、そういう場を持ちにくいのも現実でしょうか。

 <自分>は地球世界でたった一人だけだ。
これが「個性」だ。
その土台の上に「才能」を発揮するようになる。
その「才能」を発揮する人も世界で自分一人だけだ。

自分に属した個性と才能の仕事は「自分」が王だ。
だから「自分」だけができる。

<自分の個性と才能>を「自分の希望と財産」にして、<自分の仕事>は自分が行なって生きなさい。
そうすれば、成功する。

(2014年9月23日 摂理・鄭明析牧師の御言葉) 

「タレント(生まれ持った才能)」、すなわち「天性」は、文字通り、天から授かったものですから、神様の御言葉を学んだ時に初めて、はっきりとわかるようになるものだと思います。

各自の「タレント」がもっと活かされる社会になって、「個性」の王様が集まった時に、未来の日本社会が光り輝くのでは・・・☆

そのためにも、まずは、自分自身が!!「タレント」を見つけたいですね(^^)

Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/providence1/424
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆