<時間>を守ってこそ「祝福」を得るーヒキガエル石の悟り


今年の1月に話題にのぼった、新しく見つかった、ヒキガエル石!
祝福の石です☆

  

  
上記写真: ヒキガエル石ー摂理の自然聖殿〜月明洞ガイド〜より

今回、月明洞に行ったら、真っ先に見て、Lunaも写真におさめようとしたのですが、時を逃して、気づけば、帰国前日の昼過ぎになっていました。

あ!いけない!と気づいた時には、なんとなく、今がチャンスだ!と思ったのですが、まだ日差しが強かったので、このあたりを散策して、夕方になって、涼しくなってから見に行こうと思いました。

すると・・・

いつの間にか、夕方を通り越して、夜に(T_T)
暗すぎて、とても、じっくり見て、写真におさめられる状況でなくなりました。

次の日、朝早く帰る予定になっていたのですが、早いと言っても朝8時。
明け方の祈りが終わってから、見に行く時間があるだろうと思いました。

明け方の祈り後。
まだ日の出前で、暗くて、再び断念。
そうこうしているうちに、時を逃して、帰る時刻になりました。

がーん( ̄Д ̄)ノ

その時、今年はじめに聞いた主日の御言葉が頭をよぎりました。

誰でも<時間>を治められなければ問題が起こります。
だから成功できずに失敗します。
(2016年1月3日 摂理・鄭明析牧師の主日の御言葉 「教育と次元」)

<時間>の大切さを、ヒキガエル石が語っていました。。。

<時間の祝福>を受けなければなりません。
<材料>があり<技術と能力>があっても、<時間>がなければできないから、必ず「時間の祝福」を受けなければなりません。
(2016年1月3日 摂理・鄭明析牧師の主日の御言葉 「教育と次元」)

アーメン(−_−;)

時間を治めなければならないと、月明洞に来る前から常々思っていたのですが、ヒキガエル石を通して、神様が強烈なメッセージをくださいました。

時は金なり。
残りのひと時、大切にします(>_<)!!

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆