キリストと出会った人達が成してきたことーライト兄弟とリック


昨日の続きです。
空部(そらぶ)への期待・・・☆

世界を繋げるのは、今の時代、飛行機とインターネットだと思っているのですが、さて、一体、飛行機とインターネットとは、神様とどのような関係があるのでしょうか?
改めて、まてめてみますね。

1903年に世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟(ウィルバー・ライト(1867~1912)とオーヴィル・ライト(1871~1948))は、敬虔なクリスチャンの家庭に生まれました。
お父様が牧師さんでした。

それでは、インターネットは?
そもそもインターネットて、誰が発明したのか?

調べてみたら、インターネットの世界に大きな影響を与えたJ.C.R.リックライダー(通称リック)(1915~1990)という人が出てきました。

驚くことに、ライト兄弟と同じく、リックも、お父様は牧師だったようです。
そして、リックは、幼い頃から模型飛行機をよく組み立てていたそうです。
飛行機も、インターネットも、同じく工学の分野、もっと広く言えば、科学の分野ですね。

神様は、科学の神様。
キリストと出会った人達が成してきたことが、これまでもたくさんあったし、これからも、きっと、たくさんあることでしょう☆

Lunaは科学の専門家ではありませんが、Lunaのような一般市民も、飛行機やインターネットに気軽に関わる時代になりました。
今、この時に、Lunaが毎日飛行機に乗り、毎日ブログを書いて生きていることが、なんだかとても不思議ですし、だからこそ、何か計り知れない神様の御心があるのだと感じています。

キリストと出会ったLunaが、神様のためにして差し上げられることは何だろう。

神様の御言葉で世界が一つになる時代を願って、これからも、空を飛び続け、ブログを書き続けながら、模索します。

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆