摂理人が注目する<千葉大学>ー「飛び入学制度」にみる科学と宗教の未来


高校生の頃から、Lunaが個人的に注目している大学の1つに、千葉大学があります。
理由は、たった1つ。
ズバリ、「飛び入学制度」があるから!!
みなさん、知っていましたか?
文部科学省HPによると、「飛び入学制度」とは、「一人一人の能力・適性に応じた教育を進める観点から特定の分野で特に優れた資質を有する者に早期に大学入学の機会を与え、その才能の一層の伸長を図ろうとするもの」です。
能力・適性があれば、高校2年生修了後、通常よりも1年早く入学することができます。
日本では、現在、6つの大学で取り入れられていますが、国立大学は唯一、千葉大学!!
そして、日本で最初に飛び入学制度を始めた大学も、千葉大学!!
なんと、平成10年度から実施しております。
結構、前からありますよね。
飛び入学制度の対象は、全学部ではありません。
千葉大学先進科学センターというところでのみ、実施しております。
実は、だからこそ、注目しているのですが!
科学者の育成。
先日、日本人がノーベル物理学賞を受賞したことも記憶に新しいですが、現在、文部科学省が積極的に取り組んでいるテーマの1つと言えそうです。
千葉大学も、その流れを受けて、科学者の育成に力を入れているのでしょうね。
科学と宗教とは、対立するように言われることもありますが、地動説を唱えたガリレオも、コペルニクスも、敬虔なクリスチャンでした。
CAとして着目すべき科学文明は、まさに飛行機ですが、こちらも調べてみると、世界で初めて有人飛行に成功したライト兄弟は、敬虔なクリスチャンであり、牧師の子どもであったことがわかります。
他にも、たくさんありますが、それは、また別記事で・・・・・・☆
みなさんご自身でも、是非、発見してみてくださいね!!
神様が科学の創造者でいらっしゃるから
科学と神様は一つだ。
神様は全てでいらっしゃる。
(2014年6月23日 摂理・鄭明析牧師の御言葉 「あなたの病を先に治しなさい」 )

科学の歴史と、神様の歴史。
とても深い関係性がありそうです。
ちなみに、Lunaは、千葉大学に飛び入学した知人により、この飛び入学制度を知るようになりました。
日本の優秀な方々は、高校3年生卒業後に東大(もしくは、ハーバード大学など海外の大学)に行くものだと思っていましたし、日本に飛び入学の制度があることも知らなかったので、高校2年修了後、千葉大学に飛び入学した知人の話しを聞いたときは、いろいろと、目から鱗でした。
千葉大学から輩出される日本の優秀な科学者たちが、今、科学と宗教に、どんな歴史を刻んでいるのか気になりますし、これからどのような歴史を刻むようになるのか楽しみです(^^)
Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/providence1/48
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆