人材育成の心得


どんな仕事もそうだと思いますが、CAの世界も、チームワークの世界。
自分だけが良い成績であることは、あまり評価されません。
遅れている人達を積極的に助けること。
これが、とっても大切です。
それができていないCAも、たくさんいるんですけどね(^_^;)

自分だけが天を愛し、自分だけがよく行うことにとどまらず
探し、育てるために涙が出るほどもがいた。

自分だけがよく行うことが重要なのではない。
相手がよくできるようにしてあげなさい。
それが大きい。
そのような人が大きい人だ。

一人だけが頑張って熱心に忠誠を尽くすのではなく
他の人がよくできるようにしてあげること、
これが大きな愛だ。

(摂理・鄭明析牧師の御言葉)

その国の未来、会社の未来、組織の未来を決めるのは、若い人達。
だから、人材育成が、どの分野でも、大きな課題です。

しかし、愛をもって、人を育てる人達は、そんなに多くない気がします。

冷たい世の中で、鄭明析先生の御言葉に心が温まり、涙が出ました。

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆