人に分かってもらおうとする次元を抜け出そう


Lunaの摂理での信仰生活の送り方は、極めて、特殊です。
Lunaの個性もあると思いますが、往々にして、CAであるゆえ、特殊であるというところが大きいと思います。
(しかし、CAの中でも、特殊だと思います。笑)
どのあたりが特殊かというと、いろいろありますが、所属教会には、ほとんど現れず、所属教会では、ほぼ何もしていないのに(←なぜならCAである限り不可能)、各地に広がる摂理教会の皆さまと仲良くし、一緒に活動させていただく機会が多いことかな。
各地の皆さま、仲良くしてくださって、ありがとうございます。

これを「うらやましい!」とおっしゃってくださる方々もたくさんいらっしゃって、光栄な限りですが、本当ならば、もう少し、所属教会で何かしたいかな・・・涙
各地で使われるのは嬉しいのですが、逆に、びっくりするほど教会で使われていないので、とってももどかしいのです。
でも、CAである限り、「教会で何かをする」というのが現実的に無理なので(もちろん、「何か」の程度はありますがね。)、しょうがないですよね。

それで、Lunaは、よく「あーみんなCAの心情をわかってくれない」と心の中で思うのが習慣になっていたような気がします。

いろいろな牧師さん達とお話ししても、いつもCAの話しをしては、

「あーこの方も、やっぱり、CAのこと全然わかってないわー」

と思いました。(なんて、あまのじゃく!すいません、Lunaは、プチ問題児です。。。)

次第に、

「CAじゃないと、絶対に、わからないだろう、この心情!」

と思うようになり、Lunaが、そういうCA達の気持ちを分かってあげられるCAの基準者になろう!と思いました。

そんなLunaが、最近、鄭明析先生の実弟であるポンソク牧師から聞いた一言。

「自分がしていることを、人に理解してもらえなくていい」

ぐさっ・・・

これは、CAやLunaに対しておっしゃった言葉ではないのですが、Lunaに立ちはだかっていた壁を悟らせる、実に痛快な一言でした。
そして、アーメン!と言って、悔い改めました。

CAの基準者になろう!という志は間違っていないでしょう。
しかし、その動機が「誰もわかってくれないから」というのは、ダメだと思ったのです。

誰かがわかってくれても、わかってくれなくても、行くべき天の道を歩むのが、私たちの生。
誰かに理解してもらうために、私がやろう!という志は、根本的に間違っていると悟りました。
私たちが気にすべき対象は、人ではなく、ひたすら天ですからね。

人に分かってもらおうとする次元を抜け出す。
それが、自分を捨てる段階でしょう。
そして、その段階が、天が私たち人間に願われていらっしゃる次元なのではないかな、と感じています。

Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/providence1/4831
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆