隙間の時間をうまく使おう


仕事ができる人の共通点は、時間管理が上手なことだと思います。
ここで言う「仕事」とは、いわゆる「社会人の仕事」という概念にとどまらず、「毎日すべきこと」。
人は、それが学校のことであれ、家庭のことであれ、教会のことであれ、老若男女、毎日すべき仕事を抱えているはずです。

時間がないと思うと、時間が全くないように思えてきて、目の前に立ちはだかる「仕事」に押しつぶれそうになり、身動きができなくなります。
そうしていて、どんどん時間が過ぎ去り、仕事は、ますます溜まり、もっと身動きができなくなって、途方に暮れました(°_°)

これではいけない、と神様に知恵を求めた時に、

「隙間の時間をうまく使いなさい」

という考えが思い浮かびました。

それで、過去の御言葉をよく研究してみたら、既に、「生活の中で生じる隙間の時間をうまく使いなさい」という御言葉が伝えられていました(;’∀’)

主よ、御言葉をよく読んでいなくて、すみません(>_<)

隙間の時間をうまく使わなければならない。
この隙間の時間をただ流してしまう人たちが多い。
この時間を集めてみるとものすごい時間になる。
あなたたちが一日を計算してみなさい。
どれほど大切な時間だろうか。
時間がないと言うのは全て言い訳だ。
ただ流れていく隙間の時間だけでも一日に少なければ1時間、多ければ3時間、5時間、7時間になる人たちもいる。

(2016年7月2日 摂理・鄭明析牧師の御言葉「生活の中で生じる隙間の時間をうまく使いなさい」)

ブログも、時間がないと思ったら、永遠に時間がなくて、一記事も書けません。
運動も、時間がないと思ったら、永遠に時間がなくて、全くできません。
その他全ての仕事も同様。

肉は鈍いから、考えの剣を研がなければゆるんでしまう。
精神が弱いから、ただ心で願うときが多い。
精神の綱を放すな。
考えで怠けの塔を築くな。
精神が生きている人は、考えと行動がくっついている人だ。
考えると同時に即行う人だ。
これが霊的な生だ。

(2016年7月2日 摂理・鄭明析牧師の御言葉「生活の中で生じる隙間の時間をうまく使いなさい」)

結局、精神の問題ですね。

他でもなく、鄭明析先生が、一秒だって時間を無駄にされません。

そして、その時間を何に使うかも、とっても重要。

隙間の時間を天のためにうまく使う精神を持ちましょう!!

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆