お母さんの温かさ


体調を崩して、1か月くらい経ちますが、まだ治らず、実家で療養中。

お母さんの温かさを感じます。

信仰を持たない、どころか、Lunaが信仰を持つことを良く思っていない両親と、一緒に住むことに限界を感じて、一人暮らしを始めるようになりました。
しかし、久しぶりに実家に帰ってきてみると、実家で、かえって天の愛を感じて、深く祈れます。
(でも、やっぱり、毎日一緒に暮らしていたら、限界はありますけれどね。好きな時間に好きなようにお祈りできないですし、教会にも行けないですし。きっと、久しぶりに帰るから、感じること。)

子どもがいつも手を取ってくれと言ったら取ってあげるけれども、手を離したらまた行く途中で転ぶ。お母さんの言うことを聞いて「転ばない方法」を学んで、自分も気をつけなければならない。これが、「お母さんがいつも手を取ってあげること」と同じだ。
(2016年9月14日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

温かい愛で、手を取ってくれたお母さんと、そのように育ててくださった神様・聖霊様・御子主に、感謝して、実家を後にしました。

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆