毎日新しくする生


先日、マナー講座を開いたのですが、終わってみて、あーこれは本当にダメだ、と思いました(*_*)

しかし、参加者やスタッフの方たちは、

「本当に良かったです!」

と。

それでも納得いかないLunaは、あるスタッフの方にこう言いました。

「ありがとうございます。でも、本当ですか?今日は今までで一番ダメだったと思いました。以前は、話す内容が毎回新しい内容だったから、緊張感もあったし、新鮮な気持ちで取り組んでいたのですが、最近は、マナー講座の経験値も高くなってきて、この内容は以前もやったから大丈夫だ、とどこかで準備を怠っている自分もいる気がします。もちろん、毎回内容は適宜変えています。全部同じ内容でやったことは、一度もないです。でも、いつも、もっと新しい気持ちで取り組まなければ。初心を忘れないようにしなければ。そこが今の私の課題だと思います。」

優しいスタッフの方は、

「Lunaさんは自分に厳しいんですよ。今日とても良かったですよ!」

とにっこりおっしゃいましたが、納得がいかなかったLunaは、力を失った、というよりは、次はもっと次元を高めてやろう!と決意しました。

それからしばらく経って、ある大学生スタッフが、Lunaのところに近寄ってきました。
どうやら、Lunaがブツブツ一人で反省会を開いていた姿を、見ていたようです。
その子が、こう言いました。

「私は、今までいろいろな方のセミナー運営を手伝ってきたんですが、講師の方の話しは、いつも毎回同じだったんです!それについて、疑問も持っていなそうでした。今日、Lunaさんが、いつも新しくしようと、深く反省されている姿を見て、本当に感動しました!」

そっか。
そんなことが、相手の心を感動させるのですね。

でも、主ならば、いつも新しい心で、いつも新しい捧げものをされるでしょう。
だから、天の前で、私たちも、いつもそのような生を生きなければいきないと思うのです。

そんなこと、と思うのは、摂理の御言葉でいつも言われている当たり前のことだから。
でも、それを実践するのは、当たり前ではないのですね。

摂理の御言葉とおりに、毎日新しくする生を生きてこそ、聖霊の御働きが起こり、人々の心を深く感動させることができるのだということを、聖霊様が見せてくださったのだと思いました。

新しくやったらときめきます。新しくやれば、喜びます。新しくやれば、希望が湧き出ます。新しくやれば早くできるようになり、聖霊充満、知恵充満、知識充満で十分できるようになります。いつもできるようになります。だから希望していた「新しいもの」を得るようになります。

(2015年3月15日 摂理・鄭明析牧師の主日の御言葉 「新しくやりなさい」)

Luna

Facebook
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆