月明洞と飛行機雲


八峰(パルボン)の明け方の空に、一筋の白い線を発見しました!!

飛行機雲(≧∇≦)

  

そっか、ここ月明洞の上空も、飛行機が飛んでいるんですね(*^^*)

月明洞に来ることができなかった3年半の月日には、

「Lunaちゃん、いつも月明洞の上空を通過とか、辞めてよー!通過しないで、月明洞においで。」

と冗談混じりで言われたものですが、飛行機雲を目にして、月明洞に来れなかった間も、そして今も、月明洞の上空をいつも通過しているのかもしれないな、と改めて分かって嬉しかったです☆

Lunaは、パイロットやディスパッチャー、航空管制官ではないので、航空路のことはよくわからないのですが(^_^;)機内にいる時も、いつも月明洞を思い、主を思い、月明洞上空あたりの時間になったら(笑)その強度をより強めて、栄光を帰そうと思いました。

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆