神様と対話しようー話しが通じる人なんていないもの


最近、ある摂理のメンバーが

「話しが通じる人がいない・・・」

と悩んでいました。

よくわかる悩みです。
Lunaも、この問題を解決するのに、とても時間がかかりました。
(なにせ、Lunaは、世の中でもぶっ飛んでいたけれど、摂理の中でも、ぶっ飛んでるのでね・・・笑 「普通ではない」ことが、このブログから伝わっていることでしょう・・・笑)

話しが通じる人って、大事ですよね。
悩みを相談できる人。
一言で言えば、「友達」でしょうか。
年齢は問題ではないけれど、同性であること。(だって、頭脳の構造が違うから、同性同士じゃないと、分かり合えないことたくさんあるし・・・笑)
そして、上辺だけではなく、本音を語り合える関係性。
とっても大事だと思います。

この世の中は、全て、人との関係で成り立っています。
それは、摂理も一緒です。
だから、摂理でも、もちろん「友達」は大切です。

しかし、摂理が違うのが、人だけではなく、神様がいらっっしゃることでしょう。

悩みを聞いて、あるお姉さんがこう言いました。

「そっかぁーでも、話しが全部通じる人なんて、なかなかいないものじゃない?ひたすら、主と対話するしかないよね」

アーメン!!笑

それは、まさしく、最近のLunaの悟り。
ここのところ、Lunaは、ひたすら主との対話を、以前にも増して楽しんでいます。

対話の核は、祈りですね♪

とは言え、もちろん、友達は大切です。(強調。笑)
しかし、どんな親友であれ、神様には勝らない。
同性の友達の話しばかりしましたが、恋人も同様ですよ。
神様は、人間の愛の対象体。
どんな恋人であれ、神様には勝りません。
その感覚を、是非、みんなが体験してほしいな、と思います。

そうしたら、きっと、「話しが通じる人がいない・・・」という悩みも、なくなることでしょう・・・☆
それに、神様に切実に求めたら、神様が話しが通じる人にも出会わせてくださったりも、するものですよ(^^)
そうして、このブログをきっかけに、Lunaとお友達になった摂理の女性メンバーもいます♪♪

ある人は一日中人と話さないで、ひたすら「神様と聖霊」と対話しながら、現在と未来のために生きる。
世の中には人生をこのように生きる人たちもいる。

(2016年11月26日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆