感謝の心♡2016年Lunaが一番変化したこと


「Lunaちゃん、本当に変わったね!」

7月くらいに、ある女性牧師さんに言われたことです。

そんなに変わっただろうか・・・!?

嬉しいような、しかし、それは、つまり、以前はどんなひどい姿だったのか(°_°)情けないような、複雑な気持ちでしたが、その後も、毎日、主の御言葉の教育を受けて、Lunaが本当に変わったと思うことは、

考え方!!

どんな状況にあっても、感謝の心を持つことです。

以前は、

CAは・・・
(CAの中でも)私の会社は・・・
Luna家は・・・
私の教会は・・・

と、事あるごとに絶望し、いつも不平不満タラタラだったLuna。
もちろん感謝する心がいつも全くなかったわけではないですが、感謝よりは不平不満、希望よりは絶望を感じたことが多かったです。
これはLunaが特別悲観的というよりは、それほどまでに、信仰生活を送る上でなかなか過酷な状況だったという言葉の方が正しいと思います。

しかし、御言葉を聞き、祈る中で、全てが不利に思える環境を随分肯定的に捉えられるようになりました。

主の置かれた環境を思えば、なんともない、むしろ、なんて恵まれた環境なのだろうか!
環境のせいでできなかったとは絶対に誰にも言わせないようにしよう!
大変だけれど、砂漠のような場所を開拓する使命をくださって感謝します!

と毎日、感謝に溢れるようになりました。

環境をおさめられるようになった。
次元が上がった。
変化した。

ということです。

人が一次元上げるためには
どれほど努力しなければならないのか分かるか。
(中略)
歯を食いしばって、次元を変えなさい。

(2016年12月8日 摂理・鄭明析牧師の御言葉
「ただを願う心理を捨てなさい。
三位が願う分、代価を払って、次元を上げなさい。」)

行ないの代価を払った分だけ、いや、それ以上に、必ず報いてくださる主に感謝して、2016年最後まで、もっと次元を高める努力を惜しまず、2017年は更に高く昇っていけますように!!
まだまだ変わらねばならないことがたくさんあるはずです☆

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆