「最後まで」に込められた深い意味


「Lunaさん、何があっても、主と共に、最後まで、頑張りましょうね!!」

ある日、仲良し摂理メンバーから、突然、こんな熱いメッセージが届きました。

突然、どうしたのかしら??

と首を傾げたLunaは、彼女と(そして主と)、明らかに、温度差があるのを痛いほどに感じました。

それで、「最後まで」について、深ーく深く考えました。

最後まで、諦めずに、行こう!行なおう!やろう!

みんな、簡単に言うけれど、それができなくて、みんな、簡単に、途中でやめてしまった。

摂理での信仰生活も、その他全てのことも、みんな、簡単に、「最後まで」と言うけれど、「最後まで」を実践できる人が、本当にごく僅かなのだなぁ。

だから、「最後まで!!」と、摂理で今もがいていることそのものが、本当に奇跡的な生き方なのだと、彼女の思いがやっと伝わってきて、これまで幾度となく主が伝えてくださった「最後まで」という御言葉の重みを、Lunaがどれほど悟っていなかったか、衝撃を受けました。

うまくいくとき、楽しいとき、
やりたいときにやることは
誰でもよくできる。
誰もができる。
やってもやってもうまくいかず、
やっても失敗し、
希望と望みがなく、
できないとき、そういうときに行なうことが本当に行なうことだ。

そのとき最後まで行なうのか、諦めるのかによって、
最後まで行なえるのか、行なえないのかが左右される。
最後まで行なうということは
不可能でも、うまくいかなくても、どんな状況だとしても、
そのときに行なって、結局行なうことが
まさに最後まで行なうことだ。

(中略)

最後まで行なうことは
だから難しい。

(2014年9月18日 摂理・鄭明析牧師の御言葉
「最後まで行なうことー聖三位の満足なさる地点まで行なうこと」)

最後まで!!

まずはLunaが!!そして、このブログをご覧になる皆さんが、2017年、必ず実践できる人になることを願っています☆

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆