神様を1日に1000回呼ぶことへの挑戦


主日礼拝の後、何人かで集まって話しをしていた時に、

「実践してみて、とても良かったことがあったので、是非みなさんもやってみてください」

と、笑顔(^_^)いっぱいの、あるオンニ(お姉さん)がこんな話しをしてくれました。

「神様、聖霊様、御子主よ、感謝します」と、1日に神様を1000回呼ぶことに挑戦してみたそうです。

最初から1000回は難しいと思って、100回から始めてみた。
1日目は100回、2日目は200回と、3日目は300回と100回ずつ、回数を増やす。
昨日が10日目で、1000回の日だった。
1000回も呼ぶとなると、考えが別のところに行っている暇がなくなる。
今まで、どれだけ呼んでいなかったのか、わかったし、
神様と聖霊様と御子主と一緒に生きる感覚が、わかった。

という話しをされていました。

お姉さんが、その日、これまで見たこともないくらい、とーっても笑顔で、表情から違ったので(^^)、実践の結果が目に見えて伝わってきました。

鄭明析先生は、1日に3万回も神様を呼ぶとおっしゃいます。

<実践>は「実体」を作り、「神秘」を創造する。
<神様の御言葉を実践>すれば「サタンと悪」がなくなる。
(2017年3月5日 摂理・鄭明析牧師の主日の御言葉)

私達も、その段階にまで、挑戦したいですね!!

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆