摂理のBible Study「日よとどまれ」ー入門編なのにどこまでも深い御言葉


最近、朝活が流行っていますが、朝活の素晴らしさに人々が気づいたのは、実は、今に始まったことではないはず。
「早起きは三文の徳」という、ことわざもあります。
昔から、人生を成功させる秘訣の一つには、朝から「時間」に勝利することが挙げられるのでしょうね。

摂理のBible Studyで、最初の方に学ぶ御言葉が「日よとどまれ」です。

この講義では、旧約聖書『ヨシュア記』を読みます。
紀元前の時代を生きた、主人公ヨシュアも、早起きの達人。

ヨシュアは朝早く起き、イスラエルの人々すべてとともにシッテムを出立して、ヨルダンに行き、それを渡らずに、そこに宿った。 (‭旧約聖書・ヨシュア記‬ ‭3章1節)

朝早く起きたことまで、事細かに描写されているなんて、聖書って、なんて面白いのだろう!と、読書好きのLunaは思ったものです。

しかし、このBible Study「日よとどまれ」、単なる朝活のススメではありません。
摂理のBible Study入門編の中でも、超入門編ですが、聖書の読み方について、考え方が変わるきっかけになることでしょう。

そもそも、「日よとどまれ!」って、変だと思いませんか?
これは、カナンの地でアモリ族と戦っていた時に、ヨシュアが切実に祈って神様に求めたことなのですが、太陽ではなく、地球が回っているのは、誰もが認める事実。
しかし、なぜ、「日よとどまれ」と書いてあるのでしょうか?

ヨシュアの時代(紀元前)には天動説が信じられていたからであり、時代性を考えて聖書を読むべきことを教えてくれます。

さらりと書きましたが、とても重要なポイントです。
これが出来ないから、科学と宗教の対立が生まれるのだなぁと、当時のLunaは、強い感銘を受けました。

17世紀、地動説を唱えたガリレオは、宗教裁判で何度も苦難に追い込まれました。

「それでも地球は回っている」

今の時代ならば、当たり前の事実だけれど、ガリレオ生涯認められなかった地動説。
天動説が主流だった時代に、「それでも地球は回っている」と呟いた時のガリレオの心境は、どのようなものだったのでしょう。

時代が発展し、神様を信じたガリレオが新しく見つけた、神様の真理。
それが世に認められず、神様を冒涜すると宗教裁判になった冤罪の一つの判例ですね・・・

その他、講義の詳細は、またご紹介します。
でも、一番いいのは、摂理に来て学ぶことです。
ブログ上では伝えられることに限りがありますからね。

Lunaは、ミッションスクールに通っていたため、それなりに聖書と親しみながら育ってきました。
しかし、当講義の感想は、「聖書のこと、全然わかっていなかったんだなぁ。」でした。

入門編だけれど、講義一つから悟らされることが多いのが、摂理の御言葉の特徴だと思います。

感動のあまり、Bible Studyの帰り道、「聖書って、すごいですね。すごいですね。わぁ〜すごいですね。」と連発しまくったLunaを、摂理人たちが温かく見守ってくれたのを覚えています。

Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/providence1/626
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆