摂理ブログを書くようになって悟ったこと


ブログを書き始めて早くも3ヶ月半がたちました。
いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。
また、ご丁寧にコメントをくださった方々、本当にありがとうございました(^^)
普段、仕事、仕事の勉強、家事、礼拝参加、御言葉の研究etc.だけでも手一杯なところに、ブログ記事の更新。
寝る時間と食べる時間も削って、限界に挑戦する毎日で、なかなか大変なのが実情です。
「それでも更新しなければ!」という思いと、「何があっても中途半端な記事は書いてはいけない!」という思いの狭間で、もがいてきた数ヵ月でした。
だから、鄭明析先生が、長い年月をかけて、私たちのために、完璧な御言葉を宣べ伝え続けてこられたことが、どれだけ難しいことであり、どれだけの心情がなければできないことなのか、以前よりも本当に深く考えさせられるようになりました。
誰でも責任感がないことから怠慢になり、気が緩んでしまう。
だから、宿命に従って生きないで、使命感に満たされ、いつも緊張し、すべてのことに感謝し、自分の足りなさを感じて生きなさい。
(摂理・鄭明析牧師 (2012) 『天のことば、私のことば』 箴言43)

御言葉を胸に、足りないけれど、もっと鄭明析先生の心情を悟り、天のための働きを成して差し上げられるように、これからも更新頑張ります☆
Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆