絵文字の御働き


仕事が忙しくて、スマホに予定をメモしながら、気分は、絵文字であらわすと、こんな感じでした。

(T_T)

そう、つまり、この状況をもし、絵文字付きで表すならば、こうなります。

⚪️月⚪️日 ⚪️時〜 ⚪️⚪️予定(T_T)

(T_T)の絵文字は、入力しないですけどね。笑

しかし、ある予定をメモしたときのことです。

気づくと、こうなっていました。

⚪️月⚪️日 ⚪️時〜 ⚪️⚪️予定\(^o^)/

え??

\(^o^)/←何これ(´・_・`)
私、入力してない・・・(´・_・`)

どうやら、手が滑って、どこかを押したら、この絵文字が出てきてしまったようです(´・_・`)

\(^o^)/←こんな気分じゃないし・・・

と思いつつ、その絵文字を見て、思い出しました。

私に感謝がなくなりかけていたこと。

摂理の働き人になるな!との、神様からのメッセージでした。

<主と疎通しない人たち>を霊界で見たら、話したくても口から言葉が出ていかないし、近くにしたくても遠くにいる。
疎通なしにただ自分の仕事ばかり熱心にやる。
摂理の働き人で終わらせるつもりか。
あなたたちは天の新婦だ。
主と疎通し、主に近くしなさい。
主の肉があなたの近くにいるから、肉体に仕え、同行して生きなさい。


(2017年5月31日 摂理・鄭明析牧師の御言葉「順序が変われば、やっても駄目だ」)

何をするにも、感謝、喜び、愛。

たといわたしが、人々の言葉や御使(みつかい)たちの言葉を語っても、もし愛がなければ、わたしは、やかましい鐘や騒がしい鐃鉢(にょうはち)と同じである。
たといまた、わたしに預言をする力があり、あらゆる奥義とあらゆる知識とに通じていても、また、山を移すほどの強い信仰があっても、もし愛がなければ、わたしは無に等しい。
たといまた、わたしが自分の全財産を人に施しても、また、自分のからだを焼かれるために渡しても、もし愛がなければ、いっさいは無益である。
愛は寛容であり、愛は情深い。また、ねたむことをしない。愛は高ぶらない、誇らない、
不作法をしない。自分の利益を求めない、いらだたない、恨みをいだかない。
不義を喜ばないで真理を喜ぶ。
そして、すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを耐える。
愛はいつまでも絶えることがない。


(コリント人への第一の手紙 13章1節〜8節)

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆