1分の積み重なり☆神様の知恵


先週から仕事シリーズが多いですが・・・笑

毎日、お祈りすればするほど、忙しくなって、考えました。

これは、仕事を引き受けすぎというよりは、本当はこの分量の仕事をこなすことができるから、神様がくださるということだなぁと。

しかし、今のままでは、こなせない。

それで、自分の捨てるべき古いものを悟りました(°_°)

まとまった時間を見つけて、その時に仕事をしようとしたら、仕事が溜まりに溜まるし、まとまった時間が結局見つからなくて、一生仕事が片付かない。
隙間時間をうまく使って、やるべき時にさっさとやるべき仕事を済ませてしまおう!!!!!
そうしなければ、全てが中途半端になる。

そう思って、隙間時間を使うことを意識し始めたら、なんと、御言葉にも!!

手紙も20分あれば1枚書く。
ところが20分もないから書かなかった。
そうして1分でも急いで「カカオトークのような手紙」を書いたらできた。
格的に短く伝達しても、長く伝達しても「伝達」は同じだった。

1分が短いと言ってずっとその1分を後回しにしていたら、それが習慣になって、数ヶ月、数年過ぎるようになる。
そうしていて一つの歳月が過ぎる。

信仰の仕事もそうだ。
祈り、賛美、三位との対話、自己管理、命の管理、伝道、悔い改め、講義もそうだ。

1時間、2時間なければやらないのか。
1分、2分、5分、10分あるだけでも、やってみなさい。
やる分、できる。

<知恵>は「判断」だ。


(2017年6月3日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

1分あるだけでもやってみたら、毎日、1週間あっても処理不可脳に思えていた仕事が、みるみるうちに片付いていっております。

神様の知恵\(^o^)/

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆