摂理のおしゃれーCA就職ランキング2位の<青山学院大学>から考える


CAを目指している子がいるので、会ってください!
最近よくいただく、有り難すぎるお話しです。
当たり前ですが、Lunaと会ってもCAになれる保証はありませんし(笑)、摂理の御言葉を聞けば、人生にはCAになることよりもっと大切なことがあることがわかります。
だから、学生と会うときは、CAの話しというよりは、人生の話しができるように努めているのですが、いずれにせよ、何かお役に立てればと、学生たちと会う機会が増えました。
CAが、日本の女性の憧れの仕事だった時代は、一昔前。
今時、誰がCAを目指すのだろう?と思っていましたが(自分で書いていて残念ですが。笑)、未だに一部の学生の間で人気があるのも事実なのだと、感じています。
そんなCAを目指す学生たちが多い大学は、どこでしょうか(^ν^)?
トップ5は、こちら(就職人数順)☆
1 関西外国語大学
2 青山学院大学
3 同志社大学
4 関西学院大学
5 立命館大学
参照
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/6888.html
個人的には、関西に偏ってるのが、気になります。
東京、いや、関東では、青山学院大学しか入っていません。
何でも東京に集まりがちなのに、意外。
そして、なぜ青学??
明確な理由は、Lunaもよくわかりませんが、青山学院大学は、株式会社リクルートの「高校生に聞いた大学ブランドランキング」で、「おしゃれな」イメージで毎年トップにランクイン♪
そのことと、ちょっぴり関係があるような気がします。
参照
http://souken.shingakunet.com/research/2012/07/post-66a6.html
学生に聞いてみると、どうやら、CAも「おしゃれな」イメージがあるそうです。
なるほど。
「おしゃれな」CAを目指す、「おしゃれな」若者たちは、「おしゃれな」大学に集まりやすいのかもしれませんね。
上記に挙げた青学以外の大学も、「おしゃれな」イメージがあるみたいです。
ところで、摂理の御言葉にも、「おしゃれ」について、出てくるんですよ☆
きれいで素敵な魂と霊のうちで、高い次元で生きていない魂と霊はいない。
自分の魂と霊をきれいで、おしゃれに着飾りなさい。
魂と霊はいくらでも自分の義なる行ないを通して、きれいで、素敵につくることができる。
(2013年8月28日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

外見がおしゃれで、美人ならば、CAになれると思っている学生が少なくない印象。
どうでしょうか。
もし、そうだとしたら、今頃LunaはCAになっていないでしょう。笑
実際、各社の採用基準は、外見ではなく内面にシフトしている現状があります。
肉体が祈り、御子と一体になった愛の生、義の生、真理の生を生きてこそ、魂と霊の顔と体が美しく、きれいに光り輝き、魂と霊が輝く服を着て歩き回っている。
(2013年8月28日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

「おしゃれ」の本質について、考えが転換していく時代なのかもしれないですね(*^^*)
Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/providence1/67
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆