過ぎ去った時間は二度と戻らない


過ぎ去った時間は二度と戻らない。

これを、最近、とても実感する。

ブログ一つ取ってもそうだ。

ブログ記事にしよう!と思っていたものが、いくつかあったのだけれど、記事にしないうちに、月日が流れ、ホットな話題でなくなってしまったものがある。

その時に書かなければいけなかった記事なのに。
いろいろ言い訳して、後回しにしているうちに、もうその時は終わってしまった。

えーん(T_T)

<時間>を奪われたら、「その時間の中に入っている宝」を奪われる。
<やるべき時間>をつかんで行なって、「その時間の中に該当するもの」を得なさい。

(2017年6月3日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

忙しい。

一言で言うと、本当それにつきる。

でも、忙しくても、神様の方法で行なって、必ずすべきことを成し遂げるのが、「神様の人」として生きる、生き方だ。

神様の方法とは、まさに、御言葉とおりだろう。
<やるべき時間>をつかむことだ。

いくつか書き逃した日のブログの記事は、遅れてでも、今からでも、違う形ででも、必ず書こう!!

そして、もう二度と、時間が飛んでいかないように、過ぎ去った時間は二度と戻らないから、今すべきこと、今日すべきこと、必ず、時間をつかんで、実践しよう!!

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆