前もってドイツのバターを買わせてくださった聖霊様♪


摂理の女子会を兼ねて、ミーティングの時の話し。第二弾☆

前回の記事は、こちら↓↓↓
アイシテルーセキセインコの万物啓示

ミーティングは夜だったのですが、当日の朝

一品持ってきてください!

と言われ、慌てふためいたLuna・・・笑

せっかくだから、みんなに美味しいものを作ってあげたかったのですが、手の込んだものを作る時間はなくて、あるもので、最高のおもてなし料理、何を作ろうか考えました。

瞬間、聖霊様が

「この間、ドイツで買ってきたばかりの、ドイツ製の美味しいバターがあるじゃない」

とおっしゃった感じがしました。

そうだった!!
そのバターを一体Luna一人で、どうやって使おうか。
日本では手に入らない美味しいバターだから、Luna一人のために使うのはもったいないなぁ。
と思っていたところだったのでした!!

スーパーでの、後輩との会話を思い出しました。

後輩「Lunaさん、このバター本当にいいんですよ!!」
Luna「え、そうなの!?(興味津々)」
後輩「やっぱりバターが違うと、それだけで料理も格別に美味しくなるんですよ」
Luna「そうだよねー!!」
後輩「オススメです!絶対買った方がいいと思いますよ!!」

と、どこの回し者かというくらい(笑)バターをオススメしてきた後輩がいたから、買ったバターだったのですが、聖霊様が、前もってバターを買わせて、今日の日のために準備させたのだと悟りました。
このバターが本当~~に美味しい(らしい)ので、簡単な手料理でも、バター一つで、格別なおもてなし料理になると思ったのでした。

結局、「鶏肉とタマネギとエノキダケのバター醤油炒め」を、ささっと15分くらいで作りました。

みんなが持ってきてくれた一品が集まると、ご馳走に!!

Lunaの噂のバターの一品(笑)は、写真左のハートの白い器のです!
ハートの器に入れてもらえた(╹◡╹)

みんなも「これ外国の味がする!」「普通のバターとは違う!」「美味しいー」と喜んで召し上がっていて、嬉しかったです。
優しいみんなのお世辞かもですがね。笑

15分で美味しいご飯を作ることができて、
1時間で、ごはんをみんなでお腹いっぱい美味しく食べながら、ミーティングも核心的にしっかりすることができて、
セキセインコがアイシテルと話したし(笑。詳細は前回ブログをご覧ください)
時間の縮地☆
しるしを見せてくださり、
いつも、前もって行わせてくださる聖霊様、
感謝ます!!

Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/providence1/6828
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆