摂理ブログの更新が滞る問題と向き合うー大きい仕事を小さい仕事のようにこなす方法とは


お久しぶりです☆
毎日更新を目指して立ち上げた摂理ブログなのに、なかなか更新できずにいる現状・・・(・・;)
今日は、この問題と真摯に向き合ってみたいと思います( ; ; )
今日こそ更新しよう!という気合いで1日が始まるのですが、毎日、朝から晩までクタクタです(*_*)
空の上の仕事は、気圧の変化と気流による揺れで、体力の消耗がかなり激しく、地上の仕事なら毎日5時間睡眠で余裕だった人も、空の上の仕事だと、毎日7時間寝ても疲れが取れないということも珍しくありません。
あ、地上の仕事とは、航空業界の地上勤務という意味ではなく、空の上に行く必要がない様々な仕事のことですよ。
とにかく、空の上は、身体がもたないんです( ; ; )
・・・すみません、言い訳でしたm(_ _)m笑
それにしても、毎日「今日こそは!」と気合いを入れては、「今日も」更新できなかった事実を目の当たりにするから、落胆し、ブログの存在そのものが億劫になってくるものです(T_T)
この問題をどうすれば解決できるのか?
涙ながらに考えていたときに、こんな御言葉を見つけて、目から鱗でした。
大きい仕事のために大きい時間を作ってやろうとばかりしないで、毎日、合間の小さい時間を出して、時間をためて行なってこそ、大きいことが小さいことのようにできる。
大きいことだからと言って大きい時間を出してやろうとするから何カ月経ってもできなくて、祈った。
そうしたら主は「小さい時間はあるから、小さい時間を毎日出して行なえば、大きいことができる」とおっしゃった。
(2011年7月9日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

確かに(>_<) いつの間にか、ちょっとした記事というよりは、論文並みの力作を書こうとしていたから、構想を練るところから始めて書き上げるまで、数時間確保しても足りません。 毎日、数時間も確保できるはずがないですよね。 数時間でやろうとするから、数時間を確保できなくて、結局1文も書けないまま、1日が終わります。 これは、Lunaの摂理ブログ更新の問題だけに該当する話しではないでしょう。 学校で、職場で、家庭で。 人は誰しも、大きな仕事をこなさなければいけない問題とぶつかるものです。 そんな時に、その問題とどう向き合って、どう仕事を片付ければいいのか、知恵をくださる御言葉ですよね。 気負いすぎると身動きが取れず、結局何もできなくなるものですよね。 教訓にして、今後も楽しくブログ更新、頑張ります(*^_^*) Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆