ブログを書くと元気になるー個性どおり、使命どおり


ちょっと元気がなかったLunaへの今日の御言葉★

自分の個性と形象どおりに味を出し、香りを放つのに、「どうして私と違うのだろう?どうしてあんな香りを放つのだろう?」と言って排斥する人は、「無知な人」であり、「自分のことしか知らない人」だ。

たとえば自分は「スイカ」なのに、「バナナ」に「お前はどうして長く、味も違うのか?」と言って排斥する。
<スイカ>は「スイカの形と形象」どおりにその味を出し、<バナナ>は「バナナの形と形象」どおりにその味を出すのだ。

みんな個性どおりに、使命どおりにするから、悟りなさい。

(2017年8月25日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

元気がない時というのは、大抵、無意識のうちに、人と比べていることが多いかも(°_°)
(少なくともLunaは)

先日、教会で熱く頑張っている男性キャンパス(大学生)に、

「Lunaさんは、教会にあまり来れない中で、信仰への熱さをどうやって保っているんですか?」

と聞かれて、思わず返答に困ってしまいましたが:(;゙゚'ω゚'):いやぁ本当にどうやってるんだろうか。
第一には、主が特別管理してくださっていることが大きいと思います。
あとは、このブログの役割も大きいのかな。

鄭明析先生が、CAに、「みんなと同じように信仰生活しなくていい」とおっしゃったことがあるそうですが、みんなと同じように、明け方を守ったり、主日礼拝を守ったり、教会行事に関わったりすることが難しい仕事をしながら、熱さを保つって、正直簡単ではないと我ながら、実践しながら、思います(^_^;)
だから、CAになりたいという、摂理のみなさんに、この道を積極的には、おすすめはできないです。

でも、信仰人に、CAも、必要でしょう。
いろいろな分野で活躍する人が必要でしょう。
教会に毎日行って、教会でみんなと同じようなことはできなくても、パソコンかスマホがあれば、主の御言葉を叫び伝えたり、ありのままの信仰生活を綴ったりすることはできる!
そう思って、始めた摂理ブログなのですが、この摂理ブログを書く人も必要でしょう。
いろいろな人がいてこそ、理想世界だ。

その、いろいろな人のカテゴリーが、日本は、まだまだ少ない気がする。
だから、特殊なLunaが、たまーに、みんなと比べ始めると、自分の個性と使命を見失って力を失いかけるのだけれど(・・;)個性どおり、使命どおりだ。

最近、摂理のある方に

「Lunaさんは、若い子の埋もれた能力を引き出して、伸ばすのがお上手ですね」

と言われたのですが、そうかもしれない、だって、Luna自身が、特殊なんだもん。笑

摂理が、ではなく、日本が、個性を活かしにくい社会。
そんな日本に、Lunaのような、一般的な信仰スタイルではない人(笑)がいることが、人々に希望になるのかもしれません♪

そのように、特殊なLunaを活かして使ってくださる主に、神様に、摂理に、万歳*\(^o^)/*

結局、ブログを書くことで、自分の位置を思い起こし、元気になるのは、Luna自身でもあるかもしれません。笑

Luna

Facebook
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆