花鹿ー鄭明析牧師の詩


Lunaの好きな感じの(笑)可愛い詩を見つけたので、ご紹介致します♪

<iframe width=”560″ height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/lXACMwGqr9s” frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>

「花鹿」 鄭明析

顔は小さく

首は長く

腰は細く

ヒップはパンパン

足は長く

愛らしく綺麗な

お前の瞳は

いつ見ても

素敵で

優雅で

高貴で

美しい

お前の愛の瞳は

つぼみのようだ

だからお前は

私の花鹿だ

お前の体

その構造が

神秘的だ

創造主の構想だから

非の打ちどころがなく

その美しさに浸る

【詩人としての鄭明析】

1995年に月刊「文芸思潮」に登壇した後、「霊感の詩」4冊を発表。2011年に韓国100年史詩人に公式登録。2013年、各書店にて詩集ベストセラー。現在も、詩作の手綱を緩めることなく、今までに3000編あまりの膨大な詩を発表している。

・キリスト教福音宣教会(摂理)公式HP…http://www.j-cgm.net/

・鄭明析牧師 公式サイト…http://jung-myung-seok.com/

・鄭明析牧師 詩サイト…http://j-cgm-poem.com/

・コミュニティサイトMannam & Daehwa…http://ja.god21.net/

上記HP紹介もあるように、他にも、鄭明析先生の詩が多数アップされております。

ご覧ください(^O^)

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆