日本の未来を背負う希望的な高校生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログを始めてから、CAになりたい高校生、大学生、社会人たちの進路相談にのることが増えました。
既に100人とは会って、個別にお話ししさせていただいたと思います。(少なくてすみません。)
ちなみに、CAになるよりももっと大事なことを伝えられるように、Lunaは努めております☆
人生の目的は、CAになることそのもの、ではないですからね。

そのうちの1人で、1年くらい前に初めてLunaと会ったSS(高校生)と、再会する機会がありました☆

その子の考えが素晴らしく大きく成長していて、とても嬉しくなりました!!

SS(高校生)やキャンパス(大学生)って、社会の厳しさを知らないから、甘いところも、正直あると思うんです。
毒舌でごめんね・・・笑
Lunaも、そうでした。
Lunaは、摂理に来たのは社会人になってからですが、高校生や大学生の時から、ボランティア活動やインターンシップなどで社会人と触れ合う機会が、当時の学生にしては、多い方だったと思います。
だから、社会の厳しさは知っている方だと思っていたけれど、実際に社会人になってみたら、やっぱり甘かったことを痛感したものです。

でも、「社会の厳しさを知らないから甘いところがある」というマイナス面よりも、「若くて、考えが柔軟で、これからの時代に求められるものをつかむ感覚があって、新しい発想を社会に提示できる可能性を持っている」というプラス面が、ものすごく秀でていると感じました。

もちろん、若ければ、無条件、全員が、ではないと思いますよ。
またまた毒舌ごめんなさい・・・笑
でも、若いからと言って、浮かれていたらダメだと思います。
みなさんも、そう思いませんか?
どの世代も、努力は、大事です。
大人にも、いろいろな大人がいるように、若者にも、いろいろな若者がいます。
だから、無条件、若者に可能性を感じたわけではなくて、時代を先読みする努力をしている若者は、やはり本当に違うな、と感嘆したのでした。

そういう若者たちが、日本の希望であり、世界の希望になることを確信しました。

若者を育てる大人たち。

この人たちも、またとても重要な役割を担っているでしょう。

人間の考えで育てたら、その人をダメにしてしまうかもしれない。
人間の考えで、自分の色に染めるのではなく、その人の個性が最大限活かされるように、神様の考えで育てたときに、将来に希望があるのだと思います。

久しぶりに、と言ったら、悲しい現実ですが、でも、本当に、久しぶりに!
大きな大きな希望をもらった再会でした。

ありがとう。

Luna

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Authors

Luna
Luna (1185)

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。
世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。
時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。
ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆

アーカイブ

リンク

mandae

official

right_banner_wmd

luna_banner

sol_banner

solunar_uk_banner

setsuriwomen
PAGE TOP