韓国の牧師さんに神様がくださった夢ー摂理の会員の声ムービー


会員の声ムービーのご紹介です☆

今回は、韓国の牧師さんが話されていらっしゃいますが、日本人の話しが出てきます!!

ミッションスクールで育ったLunaは、そのことも影響してか、小さい頃から、こういうお祈りをいつもしていました。

「世界が平和になりますように。神様が私に授けてくださった、持って生まれた能力と個性を活かして、世界平和のために貢献することができますように。」

Lunaの夢は、物心ついたころから、大きくは、理想世界を成すこと。
個人では、理想世界を成すために貢献できるような世界的な人材になることでした。

「それはあなたの夢ではない。神様があなたに幼いころから、そのような世界があると続けて波長を送ったのだ」

結局、摂理に来て、鄭明析先生から御言葉を学び、神様が使ってくださる人材になったことを本当に感謝していますが、
Lunaの夢は、Lunaの夢だったのではなく、神様の夢だったのだな、と目頭が熱くなる映像でした。

視聴は、こちらから★

Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/providence1/7172
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆