神様の歴史を本当に悟ったら、自分の事情はどうでもよくなる


最近、Lunaにヒットしている言葉の一つ。

神様の歴史を本当に悟ったら、自分の事情はどうでもよくなる。

アーメン!!

自分の事情はどうでもいい。
気にならない。
そんな小さなことは、どうでもよい。
もっと大きなもののために生きて。

という話しだったのですが、本当にそうだ!!!!!と思いました。

自分の事情のために生きていたら、たぶん、Lunaは、とっくに、このような生き方をしていないと思います。
今CAをやっているかも微妙なところだ。笑

以前、

「Lunaちゃんがなんでブログを書いているかって、歴史のため!!と思って書いているわけでしょ」

と教会のあるお姉さんに言われたのですが、本当にそうです!!!!!

CAも、神様の歴史のために、やるようになったし、
ブログもそうだし、
Lunaの全ての行動の中心には、神様の歴史のため!!という熱い思いがあります。

それが神様が願っていらっしゃる次元なのかは、要確認ですが汗

神様の歴史のため!!

という責任意識があるから、毎日主と共に歴史を起こしている感覚があるし、
その感覚があるから、毎日ハッピーフライト♪
CA人生もハッピーだし、摂理人生もハッピー♪
もちろん、大変なことはあるけれど、最近、考えの次元が上がって、大変なことを、大変と思わなくなりました。

自分の事情は本当~~~にどうでもいいから、神様の事情(心情)を分かって差し上げて、神様のために生きる人になりたいです。

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆