スピリチュアルとは違う摂理ー<祈り>もして<病院>も行く


「摂理のいいところは、祈りもするけれど、必ず病院へ行って医学で治療することです!!」

と、以前、チョウン牧師がおっしゃっていたのが印象的でした(^^)

最近、癌で若くして亡くなった芸能人について、「家族がスピリチュアルを信じていた影響で、医学よりはスピリチュアルに頼り、癌治療が遅れたのでは?」という話しも上がっていますが、この報道を聞いて、摂理の御言葉を思い出しました。

健康も、病気になる前に、前もって気を使わなければなりません。
前もって病院に行き、検診を受けなければいけません。
ガンが生じても、前もって検診して見つけられさえすれば、ほとんど助かります。
特に信仰者たちは、病気になると、祈って治ろうとばかりします。
そうして病院に行くのが遅くなって、病気を大きくしてしまいます。
もちろん<祈り>もしなければなりませんが、「祈るだけ」ではいけません。
<祈り>もして、<病院>にも行かなければなりません。
神様が人間に知恵を与えて<医学>が発展するようにしてくださいました。
神様が<医師>を使って治療してくださいます。
そうするのが一番易しく治せるからです。
病気を難しく治そうとしないで、早め早めに病院に行って検診を受け、医師の手を通して易しく病気を治さなければなりません。
<薬>を使っても、<病院>に行っても、やはり「神様の手」が共にして治療してくださいます。

(2017年5月21日 摂理・鄭明析牧師の主日の御言葉「前もってやりなさい」)

ヨーロッパの歴史、キリスト教の歴史を詳しく研究すると、医学は、本来、宗教と深く結びついていることが分かります。

スピリチュアルの世界のことは、Lunaもあまりよくわからないのですが、摂理はスピリチュアルとは、ちょっと、いや、だいぶ?違うかもしれません。

<祈り>もして<病院>も行く摂理です。

Luna

Facebook
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆