ご飯の差し入れ


先日、教会で夜にミーティングがあった時のことです。

ミーティング場所は聖殿で、平日夜で、主に集まるのは社会人たちだと聞いたので、
お節介なLunaは、どうしても何かご飯の差し入れをしたいと思いました。
だって、平日夜!しかも、社会人です!
朝から働いて疲れてクタクタなのに、何時間で終わるかわからないミーティングに直帰で参加、
ご飯もなしとか、本当かわいそうすぎる!!
と思ったんです。
どうしてもご飯を届けなきゃ!!と思いました。

それで、お寿司とカツサンドを持っていきました。
本当は、手作りのものを持っていけたらよかったのですが、時間がなくて。

「そんな気を使わなくていいのに・・・!!」

と感激する女性がいる中、男性陣は、遠慮を知らないのか、感謝の表現が上手なのか、ご飯に夢中なのか、

「いただきまーす」

と言って、速攻、お寿司もカツサンドも消えました・・・笑

実は、以前、あるミーティングをした時に、牧師さんがご飯の差し入れをしてくださったことがあって、とても感動したことがありました。

「みんな、お腹すいてるでしょ?まずは、ご飯食べて、それからお話ししましょう」

と(^^)

その姿が、鄭明析先生の姿に重なって、兄弟姉妹を愛することについて、考えさせられたのでした。
それで、次からは、Lunaも必ずそういう配慮もしようことう!!と心に誓ったのでした。

その日が今日初めてだったわけではないのですが、今日も、そんな心で、差し入れをしただけです。
「さすが女子力高いね」とも言われましたが、本質的には、女子力アップのためにやったわけでも、CAだからやったわけでもないです。
ま、職業柄、差し入れが得意な人種であることは間違いないかもしれませんが・・・笑

何を言いたいかと言うと、別に、ご飯の差し入れをすることが核心ではないのですが、男性であれ、女性であれ、
神様の愛で人に接するって、こういう細やかな気配りも、含まれているのではないかな、と思うこの頃です。
だって、主ならば、必ず、そうしてくださいますから☆

御言葉が一番の希望だけれど、こういうことも、みんなが自然と自らするようになったときに、教会から愛がにじみ出て、
あーここには希望がある!!と確信できるのではないかな、と思います。

Luna

Facebook
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆