辞めたくても辞められない摂理ブログ


Lunaのブログには「忙しい」という単語がよく登場するので、うんざりしている読者の皆様、申し訳ございません(*_*)

世界各地を飛び回りながら信仰生活を送るだけでも、なかなか大変だと思うのですが(すみません自画自賛か・・・笑)、ブログに、教会の仕事に、いろいろすべきことがあって、摂理の中で、少なくとも、結構忙しい方に該当することは間違いないと思います。

最近、本当に仕事の量が多くて、新たに取り組むようになったものも多いから、何が蔑ろになっているかというと、読者の皆様はお気づきかもしれませんが、それは、このブログです・・・!!!!!

それで、いろいろ考えます。

ブログ辞めようかなぁとか(*_*)
完全に辞める、というのは想定外なのですが、ブログに投資する時間は減らそうかなぁとか。
しなければいけないことがたくさんあって、何にフォーカスを置くべきかって、ブログではない気がする。
そう思うことがたくさんあるわけです。

その理由としては、ブログはLuna一人で書いているものだから、目に見える「人」には、誰にも迷惑をかけない、ということも大きいかもしれません。
ブログファンの方がいるとしたら、ファンが悲しむということはあるかもしれませんが、何か組織を動かしていくのと違って、Luna一人が抜けるとまわらない!などという使命とは性質が異なるわけです。
それで、何が蔑ろになるかって、どんどんブログが蔑ろになること、ここ数か月。
それでもなんとか細々と続けてきたけれど、ブログに対する責任を果たせていないから、ブロガー失格ではないかな、と思ったりするわけです(>_<)
投資する時間を減らしても、次元を上げて、少ない時間で質の高い記事を書けるようになったのならば、喜ばしいことですが、時間を減らしているだけでなく、正直ブログへの熱心さも以前よりは冷めている気がするから、質も下がるでしょう。。。
次元を上げ続けなければ、存続することは、できない。
存続可能なのか、この先心配なLunaブログでございます(;_;)

それで、Lunaのブログに対する条件があまりにも足りないから、参加が許諾されないだろうと思っていた、ある集まりがありました。
条件があったら、参加できるだろうし、条件がなかったら、参加できないだろう、と。
どんなに切実に願っても、条件がなかったら、参加できないものだろうけれど、参加したい気持ちは山々な半面、忙しいから、参加できなかったらできないでちょうどいいかもしれない、という恐ろしい考えまで持っていました( ;∀;)

シフトがどうであるかによって、参加が左右されるので、神様に委ねたところ、どうなったと思いますか??

なんと!!!!!!
シフト上は参加できることになった・・・Σ(´∀`;)

もちろん、当日、実際に参加できるかは、これからのLunaの責任分担にかかっていることと思います。
それでも、まず第一段階、シフト上は行けるようになった御働きを見て、辞めたくても辞められないLunaブログへの神様の大きな御心を悟らざるを得なかったのでした。
ここまで来たら、むしろ、当日参加できなかったら困る。。。
今から条件を立てるのを切実に頑張ろう。。。

もともと、Lunaが摂理で初めてもらった使命が<ブログ>でした。
誰かに「使命だよ」と言われて、始めたわけではないのですが、Luna自ら、「摂理で送る信仰生活を発信すること」が大きな使命だと思って始めたのでした。

でも、時があるでしょう。
その時は、摂理ブロガーも少なかったけれど、今は、ブロガーも増えたからLunaが書く必要あるかな?と思ったりもするわけです。
使命は、時に応じて、変わるものでもあります。
その時は、それが使命で、それしか使命がなかったけれど、今は、たくさん他の重要使命も増えたし、今も、これを使命とすべきなのかなぁと思うこともあるわけです。

しかし、結局、少なくとも今は、もはや、Lunaが辞めたいと願っても(笑)、辞めることのできない宿命のようです。

初心を忘れず、あと数か月は!!
書き続けることでしょう。
いや、もっとかな。

いつまで、どのような形で続くか未知数なブログですが、

自分がやりたいことをやるのが使命ではない。

そんなことを深く考えさせられます。

自分は捨てて、神様が願われることをして差し上げる人にならなければ。

Luna

Facebook
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆