<御言葉>の管理


最近、ある牧師さんが

「御言葉で管理しないことほど、やめてほしいことはない」

とおっしゃっていて、アーメン!!と思いました。

個人も管理が必要だし、どのような組織であれ、管理が必要です。
その時に、自分の経験や、自分の考えで、管理することが、多くないでしょうか?
まさに、それこそ、本当に葬らなければいけない、古いものだと思います。

最近、人間の考えの恐ろしさについて、考えます。
各自に個性を授けてくださったのは神様。
だから、神様の考えで、神様の構想とおりに、人を管理しなければ、その人の個性が活かされなず、死んでしまいます。

<自己主観的な管理>はむしろ害になる。
<御言葉>の管理だ。
御言葉の中で管理しなければならない。
(2017年10月5日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆