<自ら>やってみて初めてわかること


摂理って本当に言っていること、やっていること、正しいのかな??

そのように疑問に思って、摂理から脱会しようと考えたのだけれど、
脱会する前に、最後、未練なく、摂理の御言葉とおりに実践してみよう!
それで、やってみて違ったら、やっぱり間違っているところだから、本当に脱会しよう!!

と決心して、期間を定めて、1か月~数か月、御言葉とおりに最大限実践してみて、
運命が変わった人達の話しを何度か聞いたことがあります。

Lunaは、摂理から出ようと思ったわけではないのですが、
どうせやるならば、極的にやらなければ意味がないと思って、
10月15日、決心して、ひとまず21日まで1週間、毎日3時間祈る条件を立ててみました。
できれば、明け方2時間+日中1時間★

世界中を忙しく飛び回っている中で、3時間の祈りの時間を確保するのは簡単なことではなく、
深夜便や、時差の関係もあり、明け方に祈れる環境でないことも今までとおりあったし、
日本時間でカウントしたら、実質、1日3時間祈れていない日もあったことは確かですが、
時差などの調整もしながら、CAタイムで、1日3時間祈る、祈りの条件を立てました!!
(そんなこと、とっくにされているみなさん、すみません・・・汗)

1週間やってみて、世界がすごく変わりました!!

今まで、なんて、祈っていなかったのだろうと思いました(>_<)

祈らなかったことによって、限界にぶつかっていたことが、たくさんあったことを実感しました。

祈りの時間は、自分さえ決心すれば、1日3時間、国際線CAとして働きながらでも、十分に確保できたし、
忙しくても、祈りの時間だけはケチしないようにしたら、その他のことがす~いすい、と全てうまくいきました。

*聖三位と主を探しなさい! 呼びなさい!
あなたの経緯(いきさつ)を告げなさい! 対話しなさい!

*対話してこそ「天の言葉」を霊感で受け取り、
すぐにあなたの問題を解決していくことができる!

(2017年10月18日 摂理・鄭明析牧師の御言葉
「<霊感>:聖霊と共にする<霊感の人>になりなさい!
霊感ですれば、すらすらとできる! 面白い! 易しい! 楽だ!」)

祈りとは、天との対話。
対話をたくさんして、霊感を受けることの味がわかったら、誰かがやめなさい!と言っても、対話せざるを得なくなります。

祈りも、その他全てのことも、自分が<自ら>やってみてこそ、わかることがたくさんとあると痛感した1週間でした。

Luna

Facebook
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆