祈りの御力ー主日礼拝のLuna代表祈祷


主日礼拝の時、説教者が御言葉を伝えてくださる前に、教会のみんなを代表して、お祈りする「代表祈祷」というものがあります。
10月22日の主日礼拝にて、代表祈祷の担当が、もともとLunaでした。(1か月くらい前からそう決まっていました。)

それで、いつものように、代表祈祷をしたのですが、礼拝が終わった後に、何人もの人から

「今日の代表祈祷、すごく良かった!!」

と言われました。

Lunaとては、いつもと同じか、いつも以下だと思っていました。

お祈りは、事前に原稿を用意して捧げるものではないですが、何を祈るべきか、全く考えずに何となく臨むものではありません。

事前の準備が大事です。

今回、準備をよくしたか?と言われたら、

もう少し、前もって、準備できないものか・・・

という反省点が自分自身としては大きくあったので、良かった!!とは、思いもしていませんでした。
だから、思わぬ、反響にビックリして、どうして、そんなに良かったのか、考えました。

すぐに、答えがわかりました。

それは、1週間、とてもとてもとても祈ったから。

代表祈祷の使命者は、本来、いつもたくさん祈っていなければいけないでしょう。
これまで祈っていなかったわけではないけれど、恥ずかしながら、たくさん祈っていたわけでもなかったと思います。
先週も、たくさん祈ったわけではないかもしれないけれど、いつもよりは、間違いなく、たくさん祈りました。

代表祈祷の最大の準備は、祈りだ。

当たり前の悟りを得たとともに、祈りの御力をすごく感じた、代表祈祷でした。

優しいお姉さんが

「Lunaちゃんのお祈り、いつも、いいのだけれど」

と付け加えてくださいましたが(笑)、天の前に、毎回捧げるお祈りが、本当に良い捧げ物であるのか、考えさせられました。

いつも、天の前に、天を感動させる祈りを捧げられる、祈りの人になりたいです。

Luna

Facebook
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆