懐かしい場所


大学時代、イギリスに留学していた時、ヨーロッパ各地にたくさん行きました☆

あれから、恐ろしいことに、~年が経ったのですが(何年かはヒミツ・・・笑)、フライトで、~年ぶりに、ある街に来ました!!

わーなんて、懐かしい・・・°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

でも、あの頃に戻りたいなと思ったり、楽しかったなぁーと思い出に浸ったりすることは、一つもありませんでした。

あの時、一緒にこの街へ来た人達の姿が思い浮かび、あの時の、Lunaの姿が思い浮かびました。
小さいLunaが、そこに、ぼーっと立っていました。

当時、Lunaは、まだ摂理に来る前でした。

世界は、どこに向かって進んでいるのだろう。
日本は、どこに向かって進んでいるのだろう。
私は何のために生きているのだろう。
今、この時代に、何をするために生まれたのだろう。

10代の頃から、毎日、そんなことばっかり考えていたから、
物質には恵まれている家庭で育ったけれど、
心はいつも何かに飢えていて、
心の底から、楽~に、笑って、喜んで、生きたことは、なかったかもしれない。
うん、なかった。
毎日、何かに飢えていました。
それが、何だか、当時は分からなかったのですが、今は、わかります。
御言葉です。
御言葉に、とても飢えていました。

そんな、悩める少女時代のLunaの姿が思い浮かんで、全然、幸せそうじゃなかった。

今、Lunaは、幸せ。

この街に来て、~年前、ここに必ずいた、Lunaの姿を思い浮かべて、

御言葉を知れて、あー私、今、本当に幸せだ!!!!!!

それを確信した、時間、再訪の旅でした。

知れば、主人になる。
知れば、得る。
知れば、分別するようになり、苦労しない。
知れば、希望を成す。

(2017年10月24日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆