外的証人は内的証人だー「摂理のCAならば信仰を守っているだけでいい」時代は終わった


以前、韓国の摂理教会に通う、元CAで、今は牧師さんをされていらっしゃる方が

「CAは、信仰を守ることが、大きな条件だ」

とおっしゃっていたことがありました。
今から数年前の話しです。

韓国と日本で事情は多少違うことと思いますが、
それから数年経って、
今は、どうかと言うと、
こちらは、Lunaの所感なのですが、

今は、そういう時代ではないと思います!!!!!!!!!!!

昔は、インターネットも今ほど発達していなかったし、
メールもLINEもなかったし、

CAがチヤホヤされる時代もあったから(苦笑)
各地を飛び回るCAの仕事をしながら、

教会にあまり行けず、

異性にチヤホヤもされながら、

摂理で信仰を守るのは、とても大変だったかもしれません。

でも、今は、時代が変わりました。

LINE電話なんて、世界どこにいても、Wi-Fiさえあれば、無料で通話できるわけです!

無料Wi-Fiも、世界には、今たくさん飛んでいます。

CAなんて、誰でもなれる時代で、今も私チヤホヤされるわ〜と思っているCAがいたら、甚だしい勘違いです。あ、いたた、、、

時差があったり、

不規則な生活だったり、

教会にあまりいけない不便さから、

信仰守るのが簡単ではない側面はもちろんあるけれど、

だからと言って、

「摂理のCAならば、信仰を守っているだけでいい」

そういう時代は終わったと思います。

それは、CAに限らず、どんな職種もそうでしょう。

摂理用語に、外的証人と内的証人というものがあります。

簡単に言うと、

外的証人とは、摂理の外で、主を証する人。

会社でバリバリ働いている人と言ったら、わりやすいでしょうか。

対して、内的証人とは、摂理の中で、主を証する人。

教会のことに投資していらっしゃる、牧会者などのことを言います。

内的証人でなければ、信仰を捨てないで、会社でバリバリ働いているだけでいい。

そういう時代は、終わった。

いや、そういう時代は、昔からなかったかもしれませんね。

ある牧師さんが、

外的証人は内的証人だ

とおっしゃっていたことがあり、その言葉を本当にアーメンと思って生きているのですが、

本気で、外的証人になりたいならば、御言葉に強くならないと、使えない。

今は、そういう時代だと思います。

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆