月明洞からLINE電話でお祈り


今回、Lunaにとっての、一つの一大イベントは、月明洞に来たくて来たくてたまらないけれど、家庭の事情で来ることができないある方のために、月明洞から電話をかけて、一緒に電話をすることでした。

Lunaのスケジュールと、相手の方のスケジュールが読めなかったので、いつできるだろうか?という状況だったのですが、神様が祝福してくださり、明け方宿舎でと、朝に御子愛の家で、2度もお祈りすることができました。

祈りながら、Luna家のことを思い出しました。

Lunaも最初、摂理の教会に通い始めた時には、両親にとても心配されて、

「そんな危ないところ、やめてしまいなさい!脱会しなさい!!」

と反対もされ、しばらく反対されても頑なに教会に行き続けたのですが、いろいろ事情があって、その後、1年間、全く教会へ行けなくなったこともありました。

それから、また、こっそり通い続けて(お父さん、お母さん、ごめんなさい。)、今年、奇跡が起こり、両親が黙認するという段階にまで行くようになったのですが、ここに至るまでは、本当に大変でした。
Luna家の奇跡については、こちらのブログをご覧ください。
Luna家の奇跡☆今回Lunaが、月明洞に行けるようになった訳

何も悪いこととしていないのに、なんで、こんなに大変な思いをしなければいけないのか?と思ったこともありますが、

宗教への理解が世界的にも極めて乏しい日本において、信仰を持つということは毛嫌いされる傾向があるし、
「摂理」なんぞ、わけのわからない新興宗教っぽいものは、ますます怖がられるということを理解しつつ、
摂理人たちが、摂理の真実を伝えて来なかったことも、反対される理由の一つだと認めないといけないでしょう。

だからこそ、摂理の真実を伝えよう!と、ブログも始めるようになりました。
Lunaのブログへの思いは、こちら。
出会いーLunaと摂理、ブログにいらしたみなさん

今回、8月に続いて、また月明洞に行くことについて、Lunaママは

いってらっしゃーい(@^^)/~~~

というよりは、

え!また?一年に何度行くの?やめなさい!怒

という感じだったのですが(^^;)

以前だったら、即、脱会しなさい!と家族会議になるところが、結局、黙認され、無事に月明洞にたどり着き、このように、誰かのためにお祈りすることができるということが、Lunaにとっても、本当に奇跡的なことで、とても感慨深いことでした。

以前、自分自身が、教会に行きたくても行けない全く行けない期間が約1年間、自由に行けない期間が約3年間、月明洞に行けない期間が約4年間もあったから、行きたいのに行けない人の気持ちが、ちょっとはわかるんです。
その期間、月明洞に行く度に必ず電話をくれて、一緒にお祈りしてくれたお友達がSolでした。
その時、とても力を受けて、私もいつかそのお礼を誰かに返したかったので、今回、一緒にお祈りできて、とても嬉しかったです。

神様が共にしてくださり、Luna家に奇跡が起こったように、この方も、近いうちに、必ず、月明洞に来れるはず!!
そして、この方も、Luna家も、<家族で>月明洞に来る日が必ず来ますようにと願い、その日を確信して、名残惜しく電話を切りました。

Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/providence1/7515
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆