主日に行けない日


主日に行けない日。

リズムが崩れる気がする。

奇跡的に会社のスケジュールを調整できて、10月11月、2ヶ月間、毎月主日に行ってたのと、主日に会社でちょうどイヤなこともあって、なおさら珍しく落ち込んだ。

1年に一回か、1ヶ月に一度くらい行けないくらいなら、まだいい。

1ヶ月に一度行けたらいい方だから、これからCAをしている限り、何度主日に行けないのかと、はやく時が来たら仕事辞めたいな、と悲しく思った。

主日に行くことが核ではなく、核は、生活の中で、どれだけ聖霊と主とぴったりくっついて生きるかだが、その生を生きるために、その週の方向性をくださる大事な主日。

行けるならば、行ってこそ、その日、その週、得るべきものを得られるだろう。

それで、仕事を終えて、信仰生活全てを投げ出し、諦めたくなって、それでも、なんとか主日の御言葉をつかもうと、遅くなったけれど聞いてみたら、こういうものがあった。

<神経>が鋭敏で、その反応を「自分の心」が感じるのです。

そのような時は<神経>を治めなければなりません。

(2017年12月3日 摂理の主日の御言葉

「神経を鋭利にし、心で治めなさい。」)

そうだ。

負けちゃいけない。

神経を治めなければいけない。

再び立ち上がった。

やはり、御言葉が命だ。

Luna

Facebook
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆