摂理でも機内でも世界でも「台湾人の真心」は素晴らしい


年始に台湾摂理にお邪魔させていただく予定があるのですが、その時に、中国語で賛美を捧げようか、日本語で捧げようか、英語で捧げようか、あれこれ話していたら、日本のある方から、こんな話しを聞きました。

「10年前、台湾の摂理教会に訪問した時、日本語で賛美を歌ってくれました」

真心ですね。

それは、摂理人だから、というよりは、台湾人の民族性にあるように思います。
台湾だけではないかな。
機内でも、日本人は、CAもお客様も、恥ずかしがり屋さんなのか、比較的、英語と日本語しか話さない傾向があるけれど、
他の国のCAやお客様は、挨拶程度であっても、相手に合わせて、他の国の言語を活発に話す傾向にあります。

そういえば、Lunaが大学生の夏、インドのマザーテレサの家にボランティア活動に行って、世界各国の人たちと一緒にボランティアをしたのですが、唯一、Lunaを呼ぶとき

「すみませーん」

と日本語で話しかけてくれたのは、台湾人の看護婦さんでした。
その方の知っている日本語は、それしかなかったのですが、Lunaのことを呼ぶとき、必ず、

「すみませーん」

とおっしゃる、その真心に、とても感激したのを思い出しました。

今回も、台湾人の真心を、実感する旅になりそうです。
ブログにもしますね。
お楽しみに☆

日本人は、世界から、どう思われているのかな。

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆