急いでやらないためには、前もってやりなさい


心に響いた御言葉でした。

すべき時にしなかった人のせいで、「短い時間」を残して、急いで話されるしかないのだ。

<子供たち>はすべき時にしないから、いつも親が「急がせ」て、速くやりなさいと言う。
<親>は前もって行なったから、「急がせ」る話をする必要がない。このように神様もそうでいらっしゃる。

急いでやらないためには、前もってやりなさい。

いつも前もってやらなければならない。そうすれば急いで走らなくてもいい。

(2017年12月14日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

光をつかむように、競争するように、はやく行ないなさい!!

と年始から神様がおっしゃっていました。

人生、遅く出発しても、早く出発しても、いずれにせよ、光をつかむように、競争するように、はやく行なわなければ時が過ぎ去ってしまうけれど、
今、年納めに!と、Lunaが急いでやっていることは、本来、今になってはじめて、急いですべきことだったのだろうか。
もっと前もって行なっていたら、今は、別のことで、もっと次元高く、急いで行なうことができなかっただろうか。

そのようなLunaの1年を拡大して、
そのような何千年を生きてきた人のせいで、
神様の御心が壊れてきたことを、とても悔い改めました。

そして、決心しました。

今からでも、前もって、すべきことを、必ずやらなければいけない。

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆