神様が直接行なわれなくても、神様が行なわれたのだ


新年から心にとめたい御言葉です。

人に感謝する人は多くても、神様に感謝する人は少ないです。

根本者神様の寂しい心情を分かって差し上げ、いつも神様に感謝する1年にしたいです。

例えば水が全くないところなのに、自分の恋人がお金をかけて200m掘って、泉を作ってくれたとしよう。

それでそこからいつも水を汲んで飲んだとしよう。

<泉>から水を汲んで飲んだけれども、「泉自体」がしてくれたのではなく、「泉を作ってくれた人」がしてくれたのだ。

自分の恋人が泉を掘ってくれなかったなら、一生小川の水なんかを飲んだり、雨水をためて飲んだりして暮らしたことだろう。

だから水を飲むたびに、愛する人がしてくれたことに感謝して飲まなければならない。

このように、「万物自体」がしてくれたのではなく、「万物を創造なさった神様」が万物を通してなさったのだ。

もし神様が万物を通して行なわなかったならば、一生太陽の光も見ることができず、暖かさも知らずに生きたことだろう。

だから「根本者神様」にいつも感謝し、神様を愛して、仕えて生きなければならない。

(2018年 1月 2日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

お正月。

美味しくて、色彩豊かなおせち料理を見て、やっぱり日本人に生まれて良かったと思います。

それも神様に感謝です。

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆