言葉が通じなくても心情が通じる


今回、Lunaが楽しみにしていたことの一つは、台湾摂理の姉妹と交流する時間でした♪

日本人と台湾人と、全部で15人ほど集まり、夕食の時間を共にしながら対話することになりました。

摂理教会に通う人達の共通語は、英語というよりは韓国語。笑
しかし、ここは、台湾。
一体、何語で会話するのだろうか、という感じではありますが、8人の日本人メンバーのうち、韓国語ができる人3人、英語ができる人2人(Luna含める)、中国語ができる人1人という、なかなかの豪華メンバーだったのと、台湾の方は日本語も英語も得意な方が多いので、会話はなんとか成立するだろうと思いました(^^)

結局、日本人2人に、台湾人2人の計4人ずつくらいに分かれて、食事をすることになり、Lunaのお隣には、韓国語のできる日本人オンニ☆
わーい(*^▽^*)
こちらは、韓国語と英語と日本語ならOK!という万全の姿勢で臨んだつもりだったのですが、なんと、相手は簡単な英語と韓国語以外は、台湾語しか話せないとのこと・・・!
他のテーブルは、英語か韓国語で会話が成立しているのに対し、Lunaのテーブルは、会話が成立しない場面がしばしば発生しました・・・汗
台湾は台湾語だから、やはり、台湾語を話せる状態であってこそ、万全と考えるべきですね・・・
そして、英語よりは韓国語が通じました。
韓国語を勉強しなければ。

しかし、簡単な単語で身振り手振りで話しながら、どこのテーブルよりも、盛り上がっていた気もします。笑
そんな様子を見ていた台湾人の牧師さんが、2人の台湾人のメンバーに対して

「2人とも、日本語も英語も韓国語も話せなくて、話しは通じるの?」

と聞いたら、台湾人の方が

「心情で通じる」

と素敵な一言を返しました(*^-^*)

摂理の御言葉でつながっているから、言葉がうまく通じなくても、心が通じるのです。
その感覚は、私もとても感じました。
嬉しかったです☆

でも、願わくば、やはり、言語が通じないと、深い話しはできないですよね。

この食事の時間を通して、悟ったことが2つあります。

1.言葉が通じなくても、心情が通じる。主と、心情が通じるかが、大事だ。
2.言語がわからないと、深い話しができない。天の言語を学びなさい。

真逆の2つの悟り。
でも、核は、一緒です。

天が何をおっしゃろうとなさっているのか。
それを聞き分けることができなければ、対話ができません。

天と対話をうまくできるようになりなさい。

聖霊様が、そうおっしゃっているのを感じました。

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆