愛が大事だ


2泊3日の旅だったのに、大満喫した年始の旅でした。

台湾で聞いた、今年初めての摂理教会の礼拝での御言葉は

悟りは答えだ

(2018年1月3日 摂理・鄭明析牧師の水曜日の御言葉)

だったのですが、聖霊様が共にしてくださり、各自にふさわしい悟りをたくさんくださった素敵な旅でした。

最後、日本へ帰国する飛行機の中で、旅のことを振り返っていたとき、

「愛」

について、とても深く考えるようになりました。

使命も、肩書も、関係ない
愛が大事だ。
愛を備えなさい。
天への愛、兄弟愛だ。

愛がないから、冷え切った世の中になった。
愛があったら、世の中に希望が満ちる。
愛とは、兄弟愛だけではない。
天への愛だけでもない。
天への愛、兄弟愛、どちらもだ。

聖霊様がそうおっしゃっていた気がしました。

今、何を備えるかと言ったら、一にも二にも三にも、愛を備えなければいけないでしょう。

神様の大きな愛、主の大きな愛をたくさん感じた、時間でした(^^)

その愛で、2018年の1年も、駆け抜けます!!

希望と喜びと感謝の、台湾訪問記、おしまい☆

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆