日韓W杯2002の軌跡 ー摂理・鄭明析先生とサッカー Vol.2


連日、ニュースは、W杯ネタで持ちきりです。
昨日の日本戦では、初戦に続き、納得いく結果を出せなかったようでしたが、「最後まで諦めない!!」精神で奮闘される日本の選手たち、そして世界の選手たちを、熱く、希望を持って、応援したいですね☆
熱く燃えたW杯として記憶に新しいのは、2002年日韓W杯。
会場が日本だったので、サポーターの熱気も、また今回と違った印象を受けます。
Lunaの母校では、「帰宅途中、熱狂的なサポーターに巻き込まれては危ないので、今日は早めに帰りましょう!」と授業がなくなったりしました。笑
この時、W杯出場2回目、しかも、前回は1次リーグで敗退した<日本>の<ベスト16>も騒がれましたが、<韓国>の<ベスト4>について、世界で騒がられたことをご存知でしょうか。
当時は、民間レベルでも、今より、日本と韓国との関係が遠かった時代。
今では、韓国料理がコンビニで買えるようになり、ランチやディナーに韓国料理という選択肢も当たり前。
若者の間で、韓国旅行や、韓国語講座なども流行っていますが、当時の一般的な若者が韓国に持つ印象というのは、決して良くない印象だったかと思われます。
(ちなみに、日本のオバサマを中心に訪れた韓流ブームは、日韓W杯のちょうど1年後くらいです。
この韓流ブームをきっかけに、民間レベルで日韓の関係が縮まったと聞いたことがあります。)
Lunaも、まだPに導かれていなく、韓国と何の関わりもありませんでした。
また、特にサッカーに詳しくもなく、「W杯だから日本を応援しよう!」という軽い感覚で観戦していた程度でした。
それでも、<韓国>の<ベスト4>は、<日本>の<ベスト16>と同じか、もしくはそれ以上に衝撃を受けたことを思い出します。
というのは、日本が敗退した後には、共同開催国であり、お隣りの国である韓国を、自然に応援する流れになっていました。
少なくともLuna家は。
韓国が結果を出すたびに、「日本は負けてしまったけれど、日本のように小さくて、サッカーが弱い国でも、このように変化できるのか!」と希望を持ったものです。
世界の視線が注目する2002年ワールドカップ予選試合から、16強、8強、4強に至るまで、試合のたびに異変が起こるしるしも見ました。
特にワールドカップ史上、ベスト16に一度も入ったことのない韓国がベスト4にまで入る異変が起こったので、これを見守っていた世界の人々はみんな神様の御わざでありしるしであると認めるようになったのです。
(摂理・鄭明析先生の御言葉 サッカーの御言葉/今週の箴言30)

2002年W杯の日韓共同開催は、鄭明析先生が二つの国が一つになるように祈ったために、神様が成された「しるし」であることを先日ご紹介しましたが、<韓国>の<ベスト4>も、神様が成された「しるし」でした。
なぜ、「しるし」が必要だったのでしょうか。
韓国は世界の地図には出ていますが、実際、韓国についてちゃんと知っている民族はいませんでした。
5000年の歴史を持っていながらも、世界に韓国を正しく伝えることができなかったのですが、今回のワールドカップを通して全世界に韓国について知らせる、韓国にとって歴史上最大のしるしが起こりました。
このことは韓国が第二のイスラエルであり、善の民族であることを悟らせ、神様がイスラエルにイエス様を遣わして、救いの歴史をなさったように、この時代もそうであることを悟らせるためでした。
(摂理・鄭明析先生の御言葉 サッカーの御言葉/今週の箴言31)

2002年日韓W杯の優勝国は、ブラジルでした。
2002年で5回目の優勝と、ブラジルはサッカーが強くて有名ですが、その後は、<ベスト4>にも入っていません。
ブラジルで開催されるW杯2014。
あれから12年の歴史を経て、今回は、どんな「しるし」が、なぜ成されるのでしょうか。
日本、韓国、ブラジル…と、各国の代表に働かれる神様の動きに着目していきたいです。
Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆