玉琢かざれば器を成さずー台湾人なら誰でも知っている諺


台湾の国立故宮博物院にて。

「玉不琢 不成器」

という文字がありました。

Lunaは中国語も読めないし、漢文も特別に得意だったわけでもないし、見逃すところだったのですが、一緒に回っていた台湾人の方が

「わーこれ、(台湾の)学校で習った!!」

と、興奮して、Lunaに、この意味を教えてくださいました(*^^*)

日本語にすると、
「玉磨かざれば器を成さず。」

玉を磨かなければ、器にならない。
そのように、優れた資質・才能があっても、学ばなけれ大きくはなれない。

という意味だそうです。

素晴らしいことわざですね。
台湾人なら、小学校の時に、学校の先生から、必ず習うそうです。
素敵な国だな、と思いました☆

摂理の御言葉も、噛みしめました。

「自分を作ることだ」

と、いつも鄭明析先生が教えてくださいますが、その御言葉の価値も、改めて考えました。

たとえ、何の取り柄もないと思ったとしても、各自、必ず、神様が与えてくださった個性と才能があります。
その個性・才能に感謝して、御言葉で自分を磨いて、神様のために大成する人になろうと誓いました。

Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/providence1/7907
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆