翠玉白菜の悟り@国立故宮博物院


鄭明析先生も行かれた、国立故宮博物院にて。

見どころは、たくさんあるのですが、象牙の作品と、「玉不琢 不成器」の諺に加えて、もう一つ、Lunaがとても感激したことを最後に紹介しますね。

有名な、こちらの彫刻です☆

翠玉(すいぎょく)白菜

当初は、白菜を彫刻にするなんて面白いわ~と思っていただけでしたが、一緒に行った台湾の方が、ここでも詳しく教えてくださいました。
やはり、誰と行くかは、重要です!!
(特に、中国語、読めないし・・・(^^;英語表記はありますがね☆)

もともとは、原石の色合いから、使い物にならない・・・と思われた翠玉(すいぎょく)だったそうですが、その色合いを活かして、このような作品が生まれたそうです。

葉の上にはバッタとキリギリスが彫刻されており、多産の象徴。
白い白菜は、純潔の象徴だそうです。

なんだか新婦にふさわしい、作品だなと思いました(*^^*)

月明洞も、最初は、誰よりも鄭明析先生が、住みたくない場所だったと聞きます。
しかし、開発し、作ったら、天国になりました。

誰でも<自分>を清く完全に作っておいて善なる使い方をすれば!!<天国の生>だ。
(2017年12月13日 摂理・鄭明析牧師の水曜日の御言葉「完成すれば天国だ」)

短所ばかり見ないで、長所を見なさい。
短所は直して、長所は活かして、自分を清く作りなさい!

そんなメッセージを受け取りました。

Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/providence1/7922
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆