「最高」ではなく「最善」を選ぶ


最近読んだ御言葉の中で、Lunaがとっても気にいっていて、何かある度に思い出す御言葉に、

和睦と和平の基本線の上で「うまくやること」だ。

というのがあります。

Lunaのもともとの性格、正義感が強いとか、真面目なのが影響しているのかもしれませんが、
以前は、少しでもうまくいかないと、とてもストレスを受けたけれど、
最近、うまくいかないことがあっても、ストレスがないのです。
あー自分の直すべき性格を直して、この御言葉が、自分のものになったからだなぁ!と思いました。

和睦と和平という
基本線が守られていない状態で
互いに「最高」ばかりを主張して争い戦うならば、
これは天が見て「うまくやったこと」ではない。

しかし、もし
和睦と和平の基本線を守るために
「最高」ではなく「最善」を選択したならば、
これはまた違う次元の「うまくやったこと」になる。

なぜだろうか?

あなたたちが立てた和睦と和平の条件の上に
聖三位の御働きが加わり、
最善が最高になるように
導くことができるからだ。

実際「最高」は、
ただ「神様の御働き」だけだ。

人間は「これが最高」だと主張するが
各自の時代、各自の人生、
各自の次元での「最高」にすぎず、
実際にあれこれ考えてみると「最善」にすぎない。

和睦と和平の基本線の上で「うまくやること」だ。
(2018年1月16日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

主を頭にする。
神様に考えをかける。

とは、自分の「最高」を主張することではないですね。

「愛と許しと寛容だ」の心で、「最善」を選択できる人になりたいです。

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆