アナウンスが上手な人は歌がうまい


CAになる前、アナウンススクールに通っていた時のこと。

Lunaは、あんまり成績が良くない方で、

「Lunaさんは、雰囲気はバッチリなのに、声がねー・・・」

と何度も言われて、
雰囲気はいい、という誉め言葉は、素直に嬉しかったけれど、
声がダメとは致命的だ、本当アナウンサーとかは向いてないわ・・・
とイヤでも痛感せざるを得ない泣きたくなる毎日でした。

半面、成績の良い子が、ある日、先生にこう言われていたのを今でも覚えています。

「〇〇ちゃん、カラオケ好き??」

答えは、もちろん、イエス☆

「やっぱりね~アナウンスが上手な子は、カラオケが好きなのよ。必ず歌もうまいの!」

と先生がおっしゃっていて、そうなんだぁー(*_*)と目から鱗。

Lunaはカラオケが大っっっ嫌いでしたので、
(歌うことそのものが嫌いというより、TVもあんまり見ないで育ったし、歌える歌がなかった)
そりゃアナウンスも下手だわ、と、その時、妙に納得したのでした。笑

その後、声の仕事もちょっと経て、CAになりましたが、CAになってからは、今度は
「Lunaさん、アナウンスが上手ね」
と言われることが多くなりました。
CAのアナウンス力が、声の業界で求められるものほどではない、という理由もあると思うのですが、
カラオケは今でも嫌いだけれど、賛美は好きだし、摂理に来てから、マイクを使って賛美を歌う機会も増えたからかな。笑

先日、会社で、耳慣れた言葉を聞きました。

「最近の子は、先輩と話す時も、声が小さいし、こんなんでアナウンスとかできるのかしら。
いつも声出していないと、声出ないでしょ。カラオケでも行った方がいいんじゃないかしら。
Lunaちゃんどう思う?アナウンスが上手な子は、歌がうまい、と言うでしょ?」

聞かれていないけれど、無条件、Lunaは、カラオケが好きで、歌がうまいという前提で、話しが進んでいて、
ちょっとびっくりしたのですが(この先輩と一緒にカラオケ行ったことないし。笑 というか、CAの誰ともカラオケ行ったことないし・・・)

「アナウンスが上手な人は歌がうまい」

というのは、一つの真理(普遍的な変わらぬ事実)なのではないか、と考えさせられました。

鄭明析牧師の弟子であるチョウン牧師も、「声が大きいのが特徴」とご自身でおっしゃっていたことがありますが、
説教がとてもお上手で、歌もやっぱりとってもお上手です。

「御言葉の名歌手になりなさい」

と、鄭明析先生がおっしゃったこともありますが、アナウンスも、説教も、歌唱力も、通じるところがありそうです☆

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆